健育祭市場

英語で手前味噌を作ってみよう!

販売価格 価格 ¥4,000 通常価格 単価  あたり 

配送料は購入手続き時に計算されます。

昔はどの家庭ても見られた手前味噌―

家庭ならではの手作り味噌は、おうちの環境によってそれぞれ違う味になり、いつも食べていた思い出を醸すものです。

家族や友達とみんなで楽しく作業して、出来上がった味噌は、半年から二年かけて熟成していきます。熟成する間、いつも違う味を楽しむことにもなります。

食べるのを待ちわびながら、季節が変わる時に味噌のお世話をする作業も、楽しみの一つです。

今回は、そんな味噌づくりを、英語でやってみる講座を開きたいと思います。

 

講座の流れ

事前の作業説明

大豆を煮る

煮た大豆と塩・麹を混ぜる

味噌を容器に詰める

味噌を熟成させる作業説明

 

開催日時・場所

3月28日(日)13:00 ~ 16:00

古民家ごんばち

http://www.manyoraku.co.jp/

 

持ち物

味噌が飛び跳ねても大丈夫なように、エプロン

髪の毛が入らないように、三角巾/てぬぐい

コロナ対策で、マスク

 

今回の味噌づくりの素材

古民家を応援くださる地元藤沢の農家産の大豆です。

知り合いの塩屋がこだわった、熊本県天草の塩を使います。

藤沢の姉妹都市―松本市から届いた麹(こうじ)を使います。

 

購入について

このセットは、1つの購入で、味噌4kg 分の費用です。

お1人から1家族/1グループまでで、ご参加いただけます。

味噌8kg 分作りたい方は、当日古民家ごんばちでお支払いください。

 

容器の準備

味噌を保存する容器について、二つ方法があります。

一つは皆様の好きな容器を持参ください。味噌は、熟成していくうちに、かさが増します。4kg 分でしたら6L容器、8kg 分でしたら10L容器をご用意ください。

もう一つは古民家で紹介するお勧めの中から選んで購入ください。味噌作りをはじめてされる方には、それぞれの容器の特徴を紹介いたしますので、気に入ったものを購入ください。

 

移動手段

また自家用車は6台まで停められます(無料)。

公共バスはこちらに記載しておりますので、ご参照ください。

http://www.manyoraku.co.jp

 

コロナにならないための対策

使用する会場及び食器は、講座前に十分に除菌いたします。

会場の古民家ごんばちは、自然と隙間風が入るほど換気は十分です。密集しないよう最大6組に広がって作業を行います。

当日は、講座前に測った体温を、氏名とあわせて来場者ノートに記入ください。

申し訳ありませんが、体温が37.5℃以上ある場合には参加キャンセルとさせていただきます。

ご面倒ですが、食材に触れる作業時には、毎回除菌スプレー/アルコールティッシュで手を拭いてください。

 

キャンセルについて

2月25日まではキャンセル料がかかりません。

2月26日に味噌作りの準備を始めますので、キャンセル料として50%分をいただきます。

2月27日当日はキャンセル料として100% 分いただきます。

キャンセルは下記のお問い合わせ先にご連絡ください。

 

お問い合わせ先

萬葉楽 (担当:原)

E-mail:info[at]manyoraku.co.jp

※[at] は@に変換して送信ください。

Tel:090-5492-8427